防犯カメラを設置しよう

室内はワイヤレスが最適|家族と自宅を守るために防犯カメラを

ワイヤレスの強み

防犯カメラ

防犯カメラも現在では様々な種類が販売されており、用途に合ったカメラを選びやすくなりました。その中でも場所を選ばずどこにでも設置しやすいワイヤレスタイプは、自宅や事務所等を問わず防犯対策が可能です。

もっと読む

室内の防犯

カメラ

ワイヤレスタイプの防犯カメラは、屋内の防犯対策に向いています。有線カメラと違い、設置したい壁や柱に穴をあける配線工事も不要なため、家を傷つけないで済みます。設置もすぐ可能なので、ワイヤレスタイプの防犯カメラを購入したらすぐ設置できます。電源コードの設置が必要なので、設置したい場所を確認し、確保しておきましょう。
設置の際は、まずワイヤレスタイプの防犯カメラと受信機の間には障害物がないようにしましょう。カメラを取り付けて電源コードにコンセントを入れると設置終了です。防犯カメラによって差はありますが、電波到達距離は建物での使用の場合およそ20~40メートルほどになります。ただし、ワイヤレスタイプの防犯カメラと受信機の間に金属製のドアや断熱材、鉄骨などがあると電波の到達距離が短くなる恐れがあります。設置する場所や使用状況にもよって変動はありますが、なるべく障害になるようなものは間に置かないようにしましょう。カメラの種類にもよりますが、およそ10時間連続で録画が可能です。SDカードの容量が大きくなるにつれ録画時間も増やせますので、録画したい環境に合わせて選びましょう。あくまで目安なので、実際に設置する環境で確認することが大切です。SDカードの容量に達すると、古いデータに上書きされていきますので、映像を残したい場合は注意が必要です。後から増設することも可能なので、まずは1台購入し様子をみて、ほかにも取り付けたい場所が出てきたときに追加購入しても良いでしょう。

防犯カメラ

防犯カメラ

屋外に防犯カメラを設置することは、自宅の防犯対策にとても有効です。それぞれのカメラの特性をしり、屋外に設置するのに適した防犯カメラを選び、防犯・犯罪の抑止力となるよう工夫しましょう。

もっと読む

設置の流れ

住宅模型

防犯カメラの設置は、安全面や防犯性を考えて業者に依頼することがおすすめです。しっかりと設置してもらうことで、自宅の防犯対策だけではなく、家族全員の防犯意識の向上にも繋げましょう。

もっと読む